よくあるご質問

Q1・どのように申し込んだらよいですか?
A1
まずは電話でお問い合わせいただくか、こちらのメールフォームからお問い合わせください。
お会いする日程を決めたいと思います。
Q2・一度お会いしてお願いするかどうかを決めたいのですが、打ち合わせを兼ねた相談はさせていただけますか?また見積書は発行していただけますか?
A2
決算に向けての相談は、初回のみ無料で行わせていただいております。相談終了後に依頼するかどうかを決めていただいて結構です。
当然他の税理士と比較検討をされると思いますので、相談した当日に依頼するかどうかの判断を迫ることはありません。安心してご相談ください。
また、後日のトラブル防止のためにも見積書も発行いたします。
Q3・丸投げする場合はどのような書類を用意すればよいですか?
A3
業種によっても異なってきますが、一般的には、
・預金通帳のコピー
・売上の請求書
・現金売上の領収書控
・仕入・経費の請求書
・現金払いの領収書
・前期の決算書
・税務署に出した届出所・申請書 等
となります。

全部そろっていなくても、集まった分だけでも税理士に渡すとスッキリするので、不足している資料もすぐに見つかります。まずは、通帳のコピーと前期の決算書だけでも持ってきてください。申告の完了までしっかりとお手伝いいたします。
Q4・料金の支払いはどうなりますか?
A4
最初に着手金として最低限必要な29,800円をいただきます。
後日、申告書完成時(提出前)に、見積書との差額をいただく形になります。
現金払い・銀行振込のどちらでも対応しています。
Q5・作っていただける書類を教えてください。
A5
法人
・法人税申告書(地方税・復興税含む)
・消費税申告書
・決算書(賃借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書)
・勘定科目内訳書
・事業概況説明書
・税務代理権限証明書
・税務代理権限証書
・納付書
・個別注記表
・「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックリスト
・総勘定元帳


個人
・所得税申告書
・消費税申告書
・青色申告決算書(収支内訳書)
・税務代理権限証書
・総勘定元帳
Q6・継続して顧問契約も考えているのですが、料金体系やサービス等を教えてください。
A6
こちらの弊社オフィシャルホームページを参考にしてください。

Copyright(c) 急ぎの決算・申告相談センター大阪 All Rights Reserved.